エイブルの最新CMが話題

土屋太鳳さんが出演する『エイブル』の最新CMが放送中です。

『エイブ-』篇

出演者 土屋太鳳さん
吹越ともみさん(不動産屋の店員)
声優 黒神龍人さん(豚の声)
CM放送時期 2020年1月~

実は好き嫌いが分かれてるエイブルのCM

2020年1月から放送中の最新版では、豚のマスコットキャラクターが新たに登場!

レギュラー出演者である土屋太鳳さんとのコミカルな感じの掛け合いが特徴になってます。

初登場にしてなかなかのインパクトで、土屋太鳳さんとの息もバッチリという感じがするこの豚ですが、実は一部、『この最新版のCMが嫌い』っていう声もあがってます。

今回は、こちらのCMへの反応や評判を、紹介&考察していきます!

スポンサーリンク

CMを不快に感じる人が挙げてる2つのポイント

①:豚の声
②:豚が可哀想な点

エイブルのCMが嫌いな方のリアクションを分析してみると、主に上記2点についての指摘が多いようでした。

以下順に見ていきます。

豚の声について

豚の声については、

  • 耳障り
  • 声の感じが苦手
  • 見た目と声が一致してない
  • なんどもしつこく『エイブ-』と間違える演出がウザい

と言ったリアクションが見られており、不快感や嫌悪感を感じる声が多いようです。

ウサギさん
たしかにこの見た目でこの声ってのは意外でしたw

見た目は普通に可愛いブタさんなのに、声は割と普通のおじさん的な太い感じの声っていうか・・・。

これで声が可愛ければ、また反応も違ったであろうだけに、ミスマッチさを感じてしまう部分はありますね。

カエルさん
最初は、豚を出した意味が不明だったけど、『エイブ-』って間違えるから、豚ってことだったんですねw

この言い間違いネタが今回のCM単発ならば、このブタさんが出てくるのも今回だけな可能性もありそうですが・・・。

ウサギさん
あとは、『エイブ-連呼』っていう、演出面を嫌うような反応も多いみたいですね。

そこまでわざとらしさは感じないものの、かなり連呼しててしつこさもあるので、そういう嫌悪感もわかるかも・・・。

カエルさん
ただ、CMで自社のサービス名(商品名)をわざと間違って言わせるってのは、インパクトが強いんでしょうね。

大昔に、森田剛さんが小枝を『こわざ』って読むCMがあって、好きだったのを思い出しましたw

最近だと、『トコット』とか『ふるなび』のCMでも同じようなことをやってるけど、いずれも話題性の強いCMになってる気がします。

スポンサーリンク

豚が可哀想な点について

豚が可哀想な点については、

  • 豚を不憫に思う
  • 豚に『エイブ-』って間違わせてツッコませる流れが嫌い

と言ったリアクションが多いようです。

ウサギさん
声は相当嫌われてるこのブタさんですが、CM中ではかなり健気というか、『一生懸命発音しようとしてる豚』なわけです。

それをいちいち否定される流れは、たしかに可哀想なものを感じるかも・・・。

カエルさん
小さい時に『人の一生懸命を笑っちゃいけない』って習いましたからね。

とはいえ、このCM内での単純ミスの反復度合いにはすごいものがありますがw

また、『声が嫌い』という指摘の逆に、このブタさんのキャラの見た目の可愛さを推すような声も多く見られました。

ウサギさん
見た目が可愛いのは確かですね♪

あと、CM中では土屋太鳳さんに散々ツッコまれてるけど、英語だと『able』は『エイブル』って発音するより『エイブ-』って発音するほうが近いようなので何気に、そこも気になりました。

カエルさん
ここは日本で、このCMが日本のCMだからみんな指摘してないんだと思いますよw
スポンサーリンク

豚役の声優さんは誰?

今回のCMで、ある意味主演の土屋太鳳さん以上の存在感を醸し出してるこのブタさんの声を担当されてるのは、黒神龍人(くろがみ りゅうじ)さんという方です。

公式アナウンスはありませんが、メーカーさん(株式会社エイブルさん)によると、この声の主は黒神龍人さんとのことでした。

プロフィール

芸名 黒神龍人(くろがみ りゅうじ)
生年月日 1974年8月11日
年齢 45歳
(2020年1月時点)
出身地 大阪府
血液型 O型
身長/体重 173cm/78kg
職業 俳優
殺陣師
演出家
演技講師
表現教育家
デビュー 1989年
事務所 トップアクトプロモーション
公式SNS なし
(2020年1月時点)

主な出演歴

ドラマ 獅子頭に雪が降る
おんなは度胸
鞍馬天狗
その時歴史が動いた
刺客請負人
名犬フーバーの事件簿
映画 ヴァージン・スノー
シーズ・レイン
森蘭丸
風のファイター

黒神龍人さんはこんな人

トップアクトプロモーションに所属する俳優さんです。

1988年に芸能界入りし、1989年にはテレビドラマ『獅子頭に雪が降る』でデビュー!

役者さんとして活躍する傍ら、殺陣師や演出家として作品に携わった経歴もたくさんお持ちの、ベテラン俳優さんになります。

殺陣(たて)ってのは、『擬斗』とか『擬闘(ぎとう』などとも呼ばれる演技で、ドラマや演劇で戦ったりするシーンで素手や武器を使って『本当に戦ってる風』に見せるアレのことですね。

プロの俳優さんでもあると同時に、プロの殺陣師でもある黒神龍人さんは、

  • ちりとてちん
  • 芋たこなんきん
  • 風のハルカ
  • 新・人間交差点

といった、NHKの有名ドラマでも、殺陣師として出演したり、演出や振り付けの担当をしたりという経歴があるそうです。

CMの声だけ聞いてると、実際の映像中でどんな演技をする方なのか、結構興味津々にさせられるものがありますね♪

よく読まれてる記事

まとめ

ウサギさん
最初は可愛い新キャラが登場したって思ってたけど、実際の世論を見るとかなり手厳しい声も多くびっくりしました。
カエルさん
やっぱ一番のポイントは『声』だと思いますよw

ヒキを強くするためにこういう特徴的な声にしたんだろうけど、それが上手く言ってる部分と逆効果な部分の両方を感じるCMだった気がします。

黒神龍人さんを、映像作品で見てみたくなってきたかも・・・。

関連記事

雰囲気の近いCM

最後までお読み頂きありがとうございました。

感想や、CMに対してのご意見等ありましたら、コメント欄からお願いします(^^)

スポンサーリンク

CM好きのあなたにおすすめ♪