ソフトバンク ギガ国物語 CM

概要

企業名 ソフトバンク
出演者 岡田准一さん(オカダ)
土屋太鳳さん(タオ)
白石麻衣さん(シライシ)
北村匠海さん(タクミ)
サトウ(ロボット)
楽曲名 『20th Century Boy(20センチュリー・ボーイ)』
歌手名 T-Rex(Tレックス)
作詞作曲 マーク・ボラン(Marc Bolan)さん
楽曲発売日 1973年3月
CM放送時期 2019年1月~
スポンサーリンク

ソフトバンク『ギガ国物語』のCM曲や歌手を紹介

岡田准一の主演で話題の、『ソフトバンクギガ国物語』シリーズのCMが放送中です。

CMは例のごとく世界観やコンセプトに非常に凝ってるわけですが、聞き覚えのある洋楽ロックの曲が使用されてるのも特徴になってます。

今回はこちらのCMソングや、歌手情報をご紹介していきます☆

CMソングの楽曲情報

CMで流れてる曲は、T-Rex(Tレックス)の『20th Century Boy(20センチュリー・ボーイ)』です。

こちらの楽曲は、1973年3月にT-Rex(Tレックス)がリリースしたシングル曲になります。

Amazon Musicでチェックする

公式MVなどはありませんが、現在はアマゾンミュージックなどの配信サイトでダウンロードが可能です。

ウサギさん
古い曲ではあるものの、名曲だけあって、現在も他のアーティストの方がカバーする機会も多数。
カエルさん
日本の他のCMソングでもしばしば使われてる曲です。

2008年には、堤幸彦監督&唐沢寿明さんの主演でお馴染みになった映画『20世紀少年』の主題歌としても話題になりましたね^^

スポンサーリンク

『20th Century Boy』が使用された日本の他のCM

  • キリンビバレッジ
  • TOYOTAの『VOXY』
  • JRA

などのCMが有名です。

キリンビバレッジのCMは、2014年のこちらのもの。

ウサギさん
こちらのCMは、松たか子さん親子の共演でも話題になりましたね^^

『かっこよくて元気になる』

ってイメージの曲なので、車のCMでも飲料系のCMでも似合うし、CMソングとしての汎用性の広さも感じます♪

カエルさん
5年くらいしか前じゃないのに、幸四郎さんが随分とお若いですw

今の『ソニー損保』のCMとはだいぶイメージが違うというか、優しい感じに見えます(^-^)

アーティスト情報

T-Rex(Tレックス)

出身地  :ロンドン
活動時期 :1967年~1977年

メンバー

名前 担当
マーク・ボランさん ボーカル
ディノ・ダインズさん キーボード
ミラー・アンダースンさん ギター、ヴォーカル
ハービー・フラワーズさん ベース
トニー・ニューマンさん ドラムス

T・レックス (T. Rex) は、1960年代~70年代後半にかけて活躍した、イギリスのロックバンドです。

『グラムロック』という、70年代のイギリスで流行してた音楽の第一人者として活躍されてたのはボーカルのマーク・ボランさん!

『20th Century Boy』の作詞作曲も手掛けて、グループもリーダーも務めてた方になりますが、77年に自動車事故で亡くなってしまい、グループは活動を休止してしまいます。

ウサギさん
事故がなければ、マーク・ボランさんはもっと活躍してくれたことでしょうね。
カエルさん
『20th Century Boy』が、結果日本でもこれだけ有名な曲になってるだけに残念です・・・。

よく読まれてる記事

まとめ

ウサギさん
CMのスケールといい、人気タレントさんを起用してる点といい、相変わらず壮大で、お金をかけてそうなCMです。

でも、こういう『過去の名曲』を使ってくるあたりは、いい意味で『ソフトバンクらしくない』って感じも感じました。

カエルさん
広瀬すずさんの『しばられるな』シリーズのほうでは、現代のヒット曲が多数起用されてますからね。

こっちのシリーズは『流行りの楽曲』を使用することよりも、ストーリーや世界観が重視されてるような印象を受けました。

関連記事

最後までお読みいただきありがとうございました。

感想や、CMに対してのご意見等ありましたら、コメント欄からお願いします☆

スポンサーリンク

CM好きのあなたにおすすめ♪