UQモバイル CM

UQモバイルのCMの替え歌を紹介

深田恭子さん、多部未華子さん、永野芽郁さんが3姉妹として登場することでお馴染みの『UQモバイル』の最新CMソングに

Wink(ウィンク)の『淋しい熱帯魚』の替え歌

が使用されてます。

該当CMは、3姉妹が昭和のアイドルっぽい歌の替え歌とダンスを披露しながら、『家族でのUQモバイルモバイルへの乗り換え』を勧めるという内容のものです。
当記事では、CMソング情報についてチェックしつつ、最新版CMへの反響も考察していきます!
スポンサーリンク

CM情報&楽曲情報

『家族でUQモバイル』篇

企業名 UQコミュニケーションズ株式会社
商品名 UQモバイル
出演者 深田恭子さん
多部未華子さん
永野芽郁さん
楽曲名 『淋しい熱帯魚』(替え歌)
歌手名 Wink(ウィンク)
原曲発売日 1989年7月5日
CM放送時期 2020年2月~

CMで使用されてる『淋しい熱帯魚』は、1989年7月5日にWinkがリリースした5枚目のシングル曲です。

Amazon Musicでチェックする

見るからに『無表情な歌唱』という感じがするこちらの楽曲ですが、実はこの振り付けがとても特徴的で、

『大魔神ポーズ』

なる呼び名がついてます。

Winkは、

  • 笑わない
  • しゃべらない

というイメージでお馴染みなアイドルグループですが、こういった印象を特徴づけた曲の1曲がこの『淋しい熱帯魚』であり、

  • 『第22回全日本有線放送大賞』での年間グランプリ
  • 『第31回日本レコード大賞』で日本レコード大賞の受賞
  • 『第40回NHK紅白歌合戦』への初出場

なども達成した、Winkの代表曲になってます。

Winkは、鈴木早智子さんと相田翔子さんによるアイドルデュオですね。

1988年にデビューし、1996年に活動を停止するまで、楽曲のリリース等を行い

  • 従来のアイドルとは違う『控えめなキャラクター』
  • 無表情での歌唱
  • オルゴール人形のような容姿

で人気を博しました。

ウサギさん
休止後も定期的に活動の一時再開を行ってるんですよね。

実際、1998年、1999年、2008年、2018年と、この『淋しい熱帯魚』を披露されたりしてまし、リアルタイム世代じゃなくても曲に聞き覚えがあるって人は少なくないんじゃないかな?

最近テレビで相田翔子さんを見るたび

『こんな綺麗な50歳いない』

って思ってたけど、現役のアイドル時代は更に可愛いし、まさに『お人形』って感じがします・・・。

カエルさん
鈴木早智子さんもその後女優さんやタレントとして活動されてますが、『元wink』として、相田翔子さんと一緒に番組出演されてるのもしばしば目にします。

『昭和最後のアイドル』として、未だに根強いファンを持つグループだろうし、こうやって定期的に活動を再開してくれるのは嬉しい限りですね。

古い曲なのに、今回のUQモバイルモバイルのCMで使用されたのにも納得です♪

スポンサーリンク

過去の名曲起用をプッシュする反応が多数

CM放送開始の2020年時点で、既に原曲のリリースから30年以上の時が経過してるわけですが、この『淋しい熱帯魚』が名曲で人気曲であるということもあり、その選曲をナイスとするようなリアクションも多く見られてます。

ウサギさん
『過去の名曲起用』が目立つ昨今のCMですが、ここまで好評なケースも珍しいかも。

大抵『名曲を、こんなふうに(CMで)使用しないでほしい』っていう批判の声が、ファンからあがるケースが多いんですけどね。

使い方が上手っていうのと、それだけファンにとって『懐かしい曲』ってことなんでしょう。

カエルさん
3人の、80年代っぽい衣装もかわいいですよね^^

深田恭子さんと多部未華子さんは、割と『昭和のアイドル』になりきってる中で、永野芽郁さんの挙動が若干たどたどしいのも印象的でした。

『演技はあれだけ上手いのに、意外に踊れてない。でもそこが可愛い』みたいな・・・。

ウサギさん
また、テレビでも頻繁に放送されてるCMですが、YouTube等でもかなり流れてるようです。

この替え歌によるアピール力は凄いものがあるし、頭から離れないってのもわかるな~♪

カエルさん
原曲を知らない人でもやたら耳に残るものがあることでしょう。

この曲の元ネタをリアルタイムで知ってる人は、若いとは言い難いわけですが、今回のCMはその層(50代前後)を狙い撃ちにしてるんでしょうね。

CMの内容的にも

『家族で乗り換えするならUQモバイルモバイルがお得』

ってものだし、10代の子供がいるような世帯主(お父さん)にアピールする狙いが強いんじゃないかな?

スポンサーリンク

深田恭子さんの顔の変化も話題

また、歌とは別に、出演してる深田恭子さんの顔がいつもと違うということも指摘されてるようです。

実際の反応はこんな感じで、

  • 顔が変わった
  • 細くなった
  • 鼻の感じがいつもと違う気がする

といったリアクションが見られてます。

ウサギさん
『改造した』かどうかはわからないけど、深田恭子さんに限らず、今回のCMはメイクにかなり凝ってる印象を受けます。

多部未華子さんにしても永野芽郁さんにしても

従来のイメージとは違うメイク(『昭和』を意識したようなメイク)

って感じがしますし。

カエルさん
いつもと違うってのはたしかにそうなものの、メイクも上手だし、パキっとしてて綺麗だと思うんだけどな~。
ウサギさん
ボクも、ダントツで深田恭子さんがかわいいと思います。

しかも、表情もWinkのそれを結構完璧にコピーできてる感じがするので、さすがって感じがします。

元々の素の深田恭子さんが、Winkのイメージに近いってのもあるでしょうが・・・w

カエルさん
深田恭子さんって、ドラマとかで見てても、いい意味で『自分自身を演じるタイプ』なんですよね。

他の多くの役者さんが、その役柄(与えられた役)になりきってる中で、深田恭子さんはいつも『深田恭子さん』を演じてる部分があると言いますか・・・。

今回のこのCMは、その個性もうまく活かされてる気がします^^

よく読まれてる記事

まとめ

UQモバイルのCMで使用されてる曲は、Winkの『淋しい熱帯魚』の替え歌

Winkは、鈴木早智子さんと相田翔子さんによるアイドルデュオで、『淋しい熱帯魚』はその代表曲

CM中では深田恭子さんらにより、Winkの『笑わない』『しゃべらない』というキャラが再現されてる

1996年の活動休止後も、定期的に一時的な活動再開が行われてる

ウサギさん
いつもは賛否が分かれる『替え歌CM』ですが、結果このCMは非常にうまくいってるような印象も受けます^^

深田恭子さんの顔変化も色々言われてるけど、なんだかんだで可愛いですし。

カエルさん
あと、毎回思うけど、このシリーズはガチャピンとムックがシュールでいいですよねw

グラブルのガチャのCMでも見かけるけど、ポンキッキが全然関係ないっていう・・・。

ガチャピンとムック

3姉妹

替え歌

っていう人気の固定要素はそのままで、これからもセンスのある『替え歌』が使用されていくことでしょう。

今回のCMは好評なので、次回作でもぜひWinkの別の曲とのコラボが行われてほしいな♪

雰囲気の近いCM

最後までお読み頂きありがとうございました。

感想や、CMに対してのご意見等ありましたら、コメント欄からお願いします☆

スポンサーリンク

CM好きのあなたにおすすめ♪