Honda アコード CM

アコード(ACCORD)のCM曲や歌手を紹介

ホンダの中型乗用車『アコード(ACCORD)』の最新CMソングに

パニック・アット・ザ・ディスコの『High Hopes』

が使用されてます。

該当CMは、『New Age, New ACCORD.』をテーマに、多数の外国人が登場する2020年の最新版CMです。
当記事では、CMソング情報や、アーティスト情報の詳細についてチェックしていきます!
スポンサーリンク

CM情報&楽曲情報

『これからの大人』篇

企業名 本田技研工業株式会社
商品名 アコード(ACCORD)
楽曲名 『High Hopes』
歌手名 パニック・アット・ザ・ディスコ(Panic! At The Disco)
楽曲発売日 2018年5月23日
CM放送時期 2020年2月~

CMで使用されてる『High Hopes』は、2018年5月23日にパニック・アット・ザ・ディスコがリリースした曲です。

アルバム『Pray for the Wicked』のリードシングルとしてリリースされたこちらの曲は、その後2018年6月22日に発売されたアルバム『Pray for the Wicked』にも収録。

リードシングルだけあって、アルバムの収録曲の中でも特に人気な曲になります。

Amazon Musicでチェックする

CM中で流れてるサビ部分は、1:15あたりからです。

タイトルの『High Hopes』は、『強い志』の意味です。

曲の冒頭の

『Had to have high, high hopes for a living』(生きるために希望を高くしなければならなかった)

という歌詞にも、ブレンドン・ユーリーさん(ボーカル)の強い志がよく現れてます。

また、歌詞中には

『Mama said~』(ママは~って言った)

に始まるパーツが多数出てくるのも特徴で、志を高く、困難があっても大物になるために諦めず生きるよう教えられたエピソードが多数込められてるのも特徴になってます。

ウサギさん
これからの大人に『強い志』をもたせるクルマ

って意味でのアコード(ACCORD)とも非常に重なり合う部分があるし、この選曲をしたホンダって、すごいなって思います。

カエルさん
車のCMの歌って大体かっこいいものが多いけど、ホンダだけは別格ですからね。

今回のCMでも例にもれず、そのセンスを多分に感じてしまいました。

スポンサーリンク

歌ってるアーティストについて

プロフィール

アーティスト名 パニック・アット・ザ・ディスコ(Panic! At The Disco)
現メンバー ブレンドン・ユーリーさん
旧メンバー スペンサー・スミスさん
ライアン・ロスさん
ジョン・ウォーカーさん
ブレント・ウィルソンさん
ダロン・ウィークスさん
出身地 アメリカ ネバダ州ラスベガス近郊のサマーリン
結成 2003年
レーベル フュエルド・バイ・ラーメン
ディケイダンス・レコード
公式サイト(英語) https://panicatthedisco.com/
日本語公式サイト(WARNER MUSIC JAPAN) https://wmg.jp/panicatthedisco/
ツイッター @panicatthedisco
インスタグラム @panicatthedisco
フェイスブック @panicatthedisco
Myspace Panic! At The Disco
YouTube Panic! At The Disco
SoundCloud Panic! At The Disco
Spotify パニック!アット・ザ・ディスコ

パニック・アット・ザ・ディスコはこんなバンド

ネバダ州ラスベガス近郊のサマーリンという地区出身のロックバンドです。

2005年に1stアルバム『A Fever You Can’t Sweat Out』をリリース。

その収録曲である『I Write Sins Not Tragedies』がいきなり世界中で爆発的なヒットを記録し、プラチナ・ディスクを獲得します。

その後は、

  • 2008年の2ndアルバム『PRETTY.ODD. 』
  • 2013年の4枚目のオリジナル・アルバム『Too Weird To Live, Too Rare To Die!』

なども大ヒットも記録し、世界的に話題になったり、日本のファンを増やします。

デビュー当時は4人で活動してたものの、その後メンバーの脱退を経て、現在はボーカルのブレンドン・ユーリーさんが1人でギターやキーボード、ピアノやベースなどもこなす形で活動されてます。

音楽の方向性の違いから、2008年に旧メンバーのライアン・ロスさんとジョン・ウォーカーさんが脱退。

その後2015年には残ったスペンサーさんも脱退という経緯で、現在のスタイル(ブレンドン・ユーリーさん1人)に落ち着きます。

2016年にはサマーソニックで来日も果たし、2017年度の第59回グラミー賞では『ベスト・ロック・アルバム』にもノミネート!

また、2018年には待望のジャパン・ツアーも実現し東京と大阪のファンを歓喜させました。

ウサギさん
ブレンドン・ユーリーさんは、映画『グレイテスト・ショーマン』のカバー・アルバム『グレイテスト・ショーマン:リイマジンド』への参加でも有名なんですよ。

オープニングで『ザ・グレイテスト・ショー』を歌ったことでも世界中で話題になりました。

カエルさん
バンドとして、相次ぐメンバーの脱退を経ていて、現在は1人体制ってのは、一見すると寂しい感じこそするものの、実際の活躍を見てると衰えてるどころかますます精力的にファンを増やしてる感じがしますね^^

よく読まれてる記事

まとめ

アコード(ACCORD)のCMで使用されてる曲は、パニック・アット・ザ・ディスコの『High Hopes』

パニック・アット・ザ・ディスコは、『『I Write Sins Not Tragedies』』のヒットで有名なロックバンド

2020年現在のメンバーはボーカルのブレンドン・ユーリーさん1人だが、『ザ・グレイテスト・ショー』の歌唱などで世界的に人気

ウサギさん
ブレンドン・ユーリーさんも凄いけど、やっぱホンダの選曲センスですよ。

毎度のことながら関心するし、ほんとうまいなって思います。

カエルさん
選曲もいいけど、CMの雰囲気の作り方や見せ方も上手なんですよね。

世界的なアーティストが幼少期に抱いていた『志を高く』

現在の大人が抱く『これからの大人』

の2つがこれほどしっくりくる形で重なりあうって感じさせてくるところがすごくて、ため息が出ましたw

最後までお読み頂きありがとうございました。

感想や、CMに対してのご意見等ありましたら、コメント欄からお願いします☆

スポンサーリンク

CM好きのあなたにおすすめ♪