ハーレーダビッドソン CM

ハーレーダビッドソンのCM曲や歌手を紹介

『Harley Davidson(ハーレーダビッドソン)』の最新CMソングに

Rei(レイ)さんの『Territory Blues』

が使用されてます。

該当CMは、開催中の『フリーダムプロミスキャンペーン』(スポーツスター限定お乗り換え下取り保証)について告知する内容のものです。
当記事では、CMソング情報や、アーティスト情報の詳細についてチェックしていきます!
スポンサーリンク

CM情報&楽曲情報

企業名 ハーレーダビッドソンジャパン
商品名 フリーダムプロミスキャンペーン
楽曲名 『Territory Blues』
歌手名 Rei(レイ)さん
楽曲発売日 2019年11月13日
(4thミニアルバム『SEVEN』の収録曲)
CM放送時期 2020年5月15日~

CMで使用されてる『Territory Blues』は、2019年11月13日にReiさんが発売した4thミニアルバム『SEVEN』の収録曲(デジタル配信は2020年9月18日)です。

Amazon Musicでチェックする

実は、曲が制作された2019年時点から Reiさんとハーレーダビッドソンのコラボは行われており、『SEEK for SOUL』というコラボプロジェクトでは、Reiさんが作詞作曲を手がけるコラボソングの発表がアナウンスされてます。

また、CMソングである『Territory Blues』は、発売当時から

ハーレーダビッドソン社とのタイアップソング

という位置づけでのリリースとなってます。

『Territory とはみんなが持っている「特別な場所」。例えば、私にとって〈東京〉は自分のテリトリー。挑み続けていないと、居ることが許されない場所。その一方で、暮らしているうちに新しい仲間と出会えた場所でもあります。今回コラボレーションが実現した Harley Davidsonに乗っているバイカー達にとっても、バイクの鼓動を感じながら走るお馴染みのコース、バイクをガレージで磨いている時間は聖域なのかもしれない。と、想いを馳せながら作りました。』
ソニー・ミュージックアーティスツ公式サイトより

楽曲『Territory』についてのReiさんご本人のコメントは上記。

『Territory(特別な場所)』というワードを、ハーレーダビッドソンを愛するバイカー達が走ってる様子に重ね合わせ作曲されたという経緯が語られてますが、独特の楽しさやワクワクする感じなどもこめられており

『バイク好き』のためのCMソング

としては非常にしっくりくるものも感じる曲ですよね♪

スポンサーリンク

歌ってるアーティストについて

プロフィール

アーティスト名 Rei(レイ)
本名 非公開
生年月日 1993年2月5日
年齢 27歳
(2020年5月時点)
出身地 兵庫県伊丹市
職業 シンガーソングライター
ギタリスト
活動開始 2011年~
レーベル Reiny Records
事務所 Reiny Records
公式サイト Reiオフィシャルサイト
ツイッター @guita_rei
インスタグラム @guita_rei
フェイスブック @guitarei.official
ブログ Rei’s Rainy Monday
YouTube Guita Rei

こんな曲で有名

曲名 作品名
『POTATO』 『ミュージックライン』のオープニング曲
『COCOA』 ミュゼプラチナムのCMソング
『New Days』 神戸・甲陽音楽&ダンス専門学校のCMソング
『What Do You Want』 モード学園のCMソング

Reiさんはこんな人

兵庫県出身の歌手の方です。

幼少期はニューヨークで過ごした経験もお持ちで、4歳のときにクラシックギターを始め、5歳の時点でブルーズに傾倒。

『1960~70年代のロックやポップスのエッセンスをちりばめた楽曲』に定評があるアーティストの方になります。

『ブルーズ』というのは、米国南部でアフリカ系アメリカ人から発生した音楽です。

20世紀のアメリカのポピュラー音楽におけるもっとも基本的なジャンルの一つで、ジャズやブギウギと言った、他の音楽ジャンルにも影響を与えているものになります。

Reiさん自身、元はクラシックギターの奏者を志していたものの、この『ブルーズ』に出会ったことや、バンド活動を通して曲を書いたり歌を歌ったりという活動に興味を持ち始めたことをきっかけに、シンガーソングライターを目指すに至りました。

2015年には、『ペトロールズ』や『東京事変』での活動で有名な長岡亮介さんを共同プロデュースに迎え、1stミニアルバムの『BLU』をリリース!

  • FUJI ROCK FESTIVAL
  • SUMMER SONIC
  • RISING SUN ROCK FESTIVAL

と言った、国内外のさまざまなフェスやイベントでも活躍されてます。

そして、2017年の秋には日本人ミュージシャンとしては初の『TED NYC』でのライヴパフォーマンスにも参加したりという快挙も成し遂げ、世界的に注目を集めてる方です。

『TED』っていうのは、あのビル・ゲイツさんやジェームズ・キャメロンさんと言った、世界的な著名人がプレゼンを行ったことでも有名な『最高峰のカンファレンス』ですね。

ReiさんはTEDから直々にオファーを受け、『my mama』『BLACK BANANA』の2つの代表曲を披露されてます。

ウサギさん
Reiさんは、日本の他のCMでのタイアップが多いのも特徴なんですよ。

過去にはペヤングのCMキャラクターとしてお馴染みだった他、ミュゼプラチナムの2017年度版のCMでは『COCOA』が起用され、話題にもなりました。

カエルさん
最近だと、2020年度のモード学園のCMソングの『What Do You Want』なんかも話題になってますよね。

実はこのCM、Reiさんご本人が映像中に登場されてる他、ナレーション担当もReiさんだったりします(^-^)

スポンサーリンク

よく読まれてる記事

まとめ

ハーレーダビッドソンのCMで使用されてる曲は、Reiさんの『Territory Blues』

『Territory Blues』はReiさんとハーレーダビッドソン社とのタイアップソングで、2019年発売の4thミニアルバム『SEVEN』の収録曲

Reiさんはブルーズをルーツに持つ音楽に定評があり、『TED NYC』への参加歴もある注目のアーティスト

ウサギさん
以前から、ペヤングやミュゼプラチナムのCM等で、CMには縁のある方ではありますが、最近は特に大きなタイアップが多く、勢いを感じます。
カエルさん
モード学園のCMなんて、『選曲センスで毎年話題になるCM』の代表格みたいなものですからね。

今回の『Territory Blues』もCMの雰囲気にぴったりな曲という感じがするし、2者のコラボプロジェクトである『SEEK for SOUL』は今後も存続してほしいものです(^-^)

最後までお読み頂きありがとうございました。

感想や、CMに対してのご意見等ありましたら、コメント欄からお願いします☆

スポンサーリンク

CM好きのあなたにおすすめ♪