ヤマハ音楽教室の最新CMが話題

『ドレミファソラファミレド』の歌でお馴染みの、『ヤマハ音楽教室』のCMが放送中です。

【ヤマハ×ケロポンズ!】ヤマハ音楽教室TVCM

出演者 ケロポンズ
早坂ひららさん
ぷっぷる(ヤマハ音楽教室のキャラクター)
CM放送時期 2018年12月~

実は好き嫌いが分かれてるヤマハ音楽教室のCM

最新版CMでは、子役の早坂ひららさんとケロポンズが共演!

不思議な舞台で、お馴染みのメロディを歌いながら踊るという演出が特徴になってます。

従来のCMとはかなり違う雰囲気が目立つ最新版ですが、実は一部、『CMが嫌い』『怖い』っていう声もあがってます。

今回は、こちらのCMへの反応や評判を、紹介&考察していきます!

スポンサーリンク

怖さやキャスティングへの不快指数が高め

①怖さ
②子供+ケロポンズというキャスティング

ヤマハ音楽教室のCMが嫌いな方が指摘されてるポイントを分析してみると、上記2点についての指摘が多いようでした。

以下、詳しく見ていきます!

①:怖さについて

  • ぷっぷるが宇宙船にさらわれるシーン
  • 子供と大人の女性2人が、独特の雰囲気の中、不自然なくらい楽しそうに歌って踊ってるという演出面

などを怖いとするリアクションが多いようです。

ウサギさん
昔からお馴染みの『ドレミファソラファミレド』の歌こそ同じなものの、『イメチェン』じゃ済まされないほどの変化を遂げてますからねw

しばらく見なかったヤマハ音楽教室のCMが帰ってきた

帰ってきたら、なんか進化しててヤバい感じになってた

っていう印象を受けてしまった視聴者の方も少なくないことでしょうw

カエルさん
ヒキは確実に強くなってますが、完全にイメージが崩壊してしまった感は感じますよね。

『2回目は小さく歌わないといけないルール』でお馴染みの、

小さな女の子たちがピアノの音に合わせて一生懸命『ドレミファソラファミレド』をするやつ

のほうが、正直音楽教室のCMとしては遥かにしっくりくるものがあった気がします。

ウサギさん
ぷっぷる(ヤマハ音楽教室のキャラクター)が一瞬誘拐されるシーンも普通に『なんで?』って感じてしまうものがあります。

全体的に『可愛い感じ』にはなってるものの、なんか大きくなって戻ってきてるし・・・w

カエルさん
あとは、衣装といいシチュエーションといい、非現実的な感じにある種の狂気を感じるというのもわかる気がします。

『ドレミファソラファミレド』って歌詞がそもそも呪文みたいだし、宗教的な何かを感じるというか、

阿部寛さんが出てる、おひさまハイム(あったかハイム)のCM

に似通った雰囲気も感じました。

スポンサーリンク

②:子供+ケロポンズというキャスティングについて

  • ケロポンズの起用
  • ケロポンズ+かわいい子役の女の子という組み合わせ

を嫌とするリアクションが見られてます。

ウサギさん
ケロポンズは、子ども向けの音楽や体操を作るミュージックユニットですね。(※ケロポンズについての詳細は後述します)

コンサートは大人でも楽しめるって人気なお2人でもあるだけに、酷評も多めなのは少し残念かも・・・。

カエルさん
たしかにパット見の時点で違和感だらけの組み合わせではありますからねw

ただ、子供や、子供が身内にいるご両親などはテレビ等の影響で、ケロポンズのことを知ってる率が高まることでしょう。

そういった意味では上手なキャスティングとも言えそうです。

CM冒頭と、ドラクエ3の戦闘シーンの冒頭の類似性も話題

その他、好き嫌いとは別に、CM冒頭の『ティラリラリラリラ』っていう下降パッセージが、ドラクエのBGMに似てるという指摘も非常に多く見られてます。

該当のBGMはこちら。

たしかにそっくりだし、ゲームをプレイしたことがある人なら、一瞬『あれ?』って思ってしまいそうですねw

ウサギさん
ドラクエ3は1988年のゲームなので、当時10歳でプレイしてた人は、2020年現在42歳くらいな計算になります。(実際には、30代以下でも遊んだことがある方が多数いることでしょう。)

42歳って言ったらちょうどピアノを習うようなお子さんがいてもおかしくないくらいの年齢層ですね。

カエルさん
たまたまだと思いますよw

まさかヤマハ側がドラクエ3の曲を意識してこのBGMのアレンジを制作したったとかってことではないでしょう。

それに、ドラクエ3をプレイしてたのは主に男の子です。

親をターゲットにするなら、CMを見る確率が高そうなお母さんをターゲットにするほうが良いでしょうし。

スポンサーリンク

出演者情報

最後に、CM出演者の3名(ケロポンズの2人&子役の早坂ひららさん)についても補足していきます。

横の2人:ケロポンズ

芸名 ケロポンズ
メンバー 増田裕子さん(ケロ)
平田明子さん(ポン)
活動開始 1999年~
事務所 カエルちゃんオフィス
ツイッター @kaeruchanoffice
フェイスブック @Keropons
YouTube ケロポンズ

ケロポンズは、1999年結成のミュージックユニットです。

あそびうたの作詞や作曲、振付を手掛け、親子コンサートや保育セミナーにも出演。

2008年以来、NHKの『おかあさんといっしょ』への楽曲提供をされてる他、

  • 『それいけ!アンパンマンくらぶ』
  • 『きんだーてれび』

と言った、子供向けの音楽や体操を制作されてるユニットとしても有名な方々になります!

ステージでは、『子供だけでなく大人も一緒に楽しめる音楽や体操』も魅力のケロポンズ。

結成以来年間90~100公演をコンスタントに行われおり、年間平均動員数は30000人を超えるのも特徴になります。

2014年には、くまモンさんに楽曲や振付け提供したことでも話題になりましたね。

『子供向けの音楽』のユニットではありますが、2013年からは6年連続であの『フジロックフェスティバル』にも出演してたりと、トップアーティストと変わらない大活躍をされてる方々でもあるんですよ^^

真ん中の女の子:早坂ひららさん

 

この投稿をInstagramで見る

 

早坂ひらら(@h_hirara_ta)がシェアした投稿

芸名 早坂ひらら(はやさか ひらら)
生年月日 2011年10月8日
年齢 8歳
(2020年2月時点)
出身地 神奈川県
身長/体重 119cm/―
職業 子役タレント
趣味・特技 ピアノ
英語
事務所 テアトルアカデミー
インスタグラム @h_hirara_ta

早坂ひららさんは、テアトルアカデミー所属の子役の女の子です。

2014年頃からCMやドラマに出演しており、2016年に放送されたドラマ『天才バカボン〜家族の絆』では、

  • ハジメちゃん

の役を演じてブレイク!

天才バカボンのハジメちゃんと言ったら、

  • 生まれてすぐに言葉を話せて
  • 幼児にしてピタゴラスの定理やケプラーの法則を解いて
  • 幼児にして英語も話せて

という天才っぷりでお馴染みなキャラになりますが、当時4歳でこの作品に出演した早坂ひららさんは、作中でトマ・ピケティの難解な理論(フランスの経済学者の難解な理論)を披露したりという演技も上手にこなし、注目を集めます。

ハジメちゃん役でのブレイクを経てからは、更にテレビに登場する機会も増え、

  • お迎えデス
  • 真田丸

などのドラマや、

  • 世界一受けたい授業
  • 天才!志村どうぶつ園

と言ったバラエティ番組などでも幅広く活躍されてる方になります。

ウサギさん
早坂ひららさんは、デビュー当時からCM出演が多いのも特徴なんですよ。

2014年にはアイダ設計のCMに登場されてますし、その後も花王の新メリットやワイモバイルと言った、有名CMで何度も起用されてます。

カエルさん
2017年以降は、上記のエイブル保証のCMでの孫娘役でもお馴染みですね。

おじいちゃんに難しい長ゼリフを話す演出は、バカボンのハジメちゃんを意識した役柄でしょうが、『難解な長セリフで畳み掛ける演技』がほんと上手です。

早坂ひららさんのこのキャラも、あと数年(成長しちゃうので)しか見られないと思うと、結構残念な気もします。

よく読まれてる記事

まとめ

ウサギさん
歴史のあるCMなだけに、ここまで大幅な変化は非常に斬新でした。

CMには賛否がありますが、こういう攻めてる感じのヤマハ音楽教室のCMも悪くないかもですね。

カエルさん
イメージこそだいぶ変わってしまったものの、『ドレミファソラファミレド』の歌が固定なのもいいと思います。

このCMを見てるとあの歌を無性に口ずさみたくなるものがありますw

雰囲気の近いCM

最後までお読み頂きありがとうございました。

感想や、CMに対してのご意見等ありましたら、コメント欄からお願いします(^^)

スポンサーリンク

CM好きのあなたにおすすめ♪