大和証券グループ CM

大和証券グループのCM曲を紹介

『大和証券グループ』の最新CMソングに

『Celebration』

が使用されてます。

該当CMは、世界中の子供たちが曲に乗せてコップを動かしたり、ドラムやピアノなどを演奏する『PLAYING FOR CHANGE』シリーズのものになります。
当記事では、大和証券グループのCMで長年お馴染みのこちらのCMソング情報をチェックしていきます!
スポンサーリンク

CM情報&楽曲情報

『PLAYING FOR CHANGE(Celebration)04』篇

企業名 大和証券株式会社
商品名 大和証券グループ
出演者 Playing for Changeのメンバー
(世界各地の無名ミュージシャン)
楽曲名 『Celebration』
原曲歌手 Kool & The Gang(クール・アンド・ザ・ギャング )
CM放送時期 2018年10月~

CMで使用されてる『Celebration』は、アメリカが生んだダンスミュージックの名曲として知られてる楽曲です。

原曲歌手は、アメリカのソウル、R&B、ファンク・バンドのKool & The Gang(クール・アンド・ザ・ギャング )

『Celebration』は、1980年に発売されたアルバム『CELEBRATE!』の収録曲になります!

Amazon Musicでチェックする

ウサギさん
当時は日本でも、六本木のディスコとかでめちゃくちゃ流行ってた曲だそうです。

80年代前半の曲ってことは、CM自体のターゲットは50代とかなのかな・・・?

カエルさん
当時を知ってる方はCMを見てびっくりするでしょうねw

それにしても、過去の名曲をCMで起用する例って、最近多いですね。

スポンサーリンク

音楽プロジェクト『Playing for Change』について

CM名の『PLAYING FOR CHANGE』というのは、世界的なチャリティー・マルチメディアの音楽プロジェクトの名前でもあります。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Playing For Change(@playing4change)がシェアした投稿

公式サイト

ツイッター @playing4change
インスタグラム @playing4change
フェイスブック Playing For Change
YouTube Playing For Change

また、『Playing For Change』名義での『Celebration』は、大和証券のCM内のみならず、公式のYouTubeチャンネルでもフルバージョンの動画が公開されてます。

『Playing for Change』は、アメリカ西海岸を中心に活動するプロデューサーであるマーク・ジョンソン氏が

  • 『音楽で世界をつなぎたい』

という熱い思いから設立ことを発端に始動。

非営利団体『PLAYING FOR CHANGE基金』を通して、世界中の難民への必要物資の提供や、音楽スクール、アートスクールなどの設立を補助する活動もしてます。

そして、大和証券グループと、このプロジェクトのコラボである

  • 『Playing for Change(プレイング・フォー・チェンジ)』シリーズ

は、実は2009年から展開されてる歴史の長いテレビCMシリーズになります。

実際、CMで『Celebration』が使用されるのも今回の『PLAYING FOR CHANGE(Celebration)04』篇が初めてではなく、2017年以来

  • 『PLAYING FOR CHANGE(Celebration)01』篇
  • 『PLAYING FOR CHANGE(Celebration)02』篇
  • 『PLAYING FOR CHANGE(Celebration)03』篇

という3つのCMでの使用を経て、2019年現在放送中のCMに至ります。

■テレビCM新シリーズ~PLAYING FOR CHANGE~
大和証券グループは、このプロジェクトが表す「世界とのつながり」が、「お客様に世界とつながる、さまざまな金融サービスを提供していきたい」という考えと響きあうことから、この映像を広告として展開しています。
大和証券グループ本社のHPより(一部抜粋)

また、一見すると、

  • 『証券会社と世界的な音楽プロジェクトにどんな関係が・・・?』

って気もするけど、上記のように

  • 『世界とつながる、さまざまな金融サービスを提供していきたい』

っていう意図があるという説明がされてます。

ウサギさん
なるほど!
カエルさん
さすがは大企業。

深いです・・・。

スポンサーリンク

CMの内容や演出には賛否の声

選曲もコンセプトもナイスなCMという感じがしますが、実はこのシリーズ、かなり好き嫌いが分かれてるCMでもあります。

以下、世論の分析や考察を行っていきます。

肯定派のリアクション

否定派のリアクション

実際の意見はこんな感じ。

  • 男の子の歌の上手さ
  • コンセプトの良さ

などを推す声が見られる一方で、

  • 子供をダシにしてる感じ
  • CMの意味不明さ、わかりづらさ

などに嫌悪感を示すような声も見て取れました。

ウサギさん
タンバリンの男の子はたしかに上手ですよね。

ところで、演奏は上手だと思うけど、服の肩のあたりを見てると裏表っぽいような・・・。

これが気になってるのは、ボクだけかな・・・?

カエルさん
アベマTVやMリーグの放送中にはかなりの頻度で流れてるそうです。

こうやって、特定の番組での放送頻度が異様に多いのも、煙たがられる原因なのかも・・・。

ウサギさん
あと、CMの意味不明さを指摘する声もあるけど、先述したように

『世界とつながる、さまざまな金融サービスを提供していきたい』

っていう意図が公式に言及されてるので、納得できなくはないです。

CMだけを見て、そこを理解できるかっていうと微妙かもしれませんが・・・。

カエルさん
ただ、選曲といい演奏といいハイセンスなのは間違いないですよね。

ボクは、別バージョンの福原美穂さんがスタンドバイミーを歌うやつも大好きです♪

よく読まれてる記事

まとめ

大和証券グループのCMで使用されてる曲は、『Celebration』

CM名の『PLAYING FOR CHANGE』は、世界的なチャリティ音楽プロジェクトとしても有名で、大和証券では2009年以来このコラボCMシリーズを放送し続けている

内容には賛否あり

ウサギさん
このシリーズ、こんなに歴史があったんですね。

『Celebration』も、初めてCMを見た時から聞き覚えのある曲だとは思ってたけど、昔こんなに流行ってて、しかも大和証券のCMでも2017年から使用されてたとは・・・。

カエルさん
CMのコンセプトや選曲もいいけど、『PLAYING FOR CHANGE』の活動も素晴らしいと思います。

YouTubeの他の曲なんかを聞いてみても普通に上手だし、こっちの団体も応援したいですね♪

最後までお読み頂きありがとうございました。

感想や、CMに対してのご意見等ありましたら、コメント欄からお願いします☆

スポンサーリンク

CM好きのあなたにおすすめ♪