窪田正孝 マウントレーニア CM

窪田正孝さんのマウントレーニアのCM曲や歌手を紹介

森永乳業の『マウントレーニア』の最新CMで、

『風をあつめて』

のカバーが使用されてます。

該当CMは、窪田正孝さんが出演されてる2020年の最新版CMです。
当記事では、CMソング情報や、原曲アーティストであるはっぴいえんどについてチェックしていきます!
スポンサーリンク

CM情報&楽曲情報

『ほどいて、すすめ。』篇

企業名 森永乳業
商品名 マウントレーニア
出演者 窪田正孝さん
楽曲名 『風をあつめて』
カバー歌手 窪田正孝さん
原曲歌手 はっぴいえんど
原曲発売日 1971年11月20日
(2ndアルバム『街ろまん』の収録曲)
CM放送時期 2020年5月~

CMで使用されてる『風をあつめて』は、1971年11月20日にはっぴいえんどがリリースした2ndアルバム『街ろまん』の収録曲です。

CM中では、出演者の窪田正孝さんによりカバーが行われてます。(窪田正孝さんによる歌唱バージョンのリリースに関する情報は、CM放送開始でありません。)

『風をあつめて』の原曲をAmazon Musicでチェックする

原曲情報

作詞 松本隆さん
作曲 細野晴臣さん
演奏時間 3分50秒

本家のはっぴいえんどによる歌唱の公式動画はアップされてませんが、

  • 2003年のアメリカ映画『ロスト・イン・トランスレーション』
  • 2009年の日本映画『おと・な・り』
  • 漫画『うみべの女の子』

と言った幅広い作品での使用歴もある代表曲で、他のCMやテレビ番組で使用される機会も多いほか、

  • 矢野顕子さん
  • 坂上香織さん
  • 太田裕美さん
  • 矢野真紀さん
  • 和田アキ子さん

と言った、他の有名アーティストの方々によってもカバーが行われてる有名曲になります。

ウサギさん
窪田正孝さんの歌って初めて聴いた気がするけど、歌も普通に上手なんですよね。

原曲とは違う、控えめな感じによる『癒やしの歌声』がなんとも特徴的で魅力的と言いますか・・・。

カエルさん
冒頭のCM&インタビュー動画の他に、レコーディングの様子なんかも公開されてますが、ほんと今回は貴重なCMな気がします。

いっそのこと、本格的に歌手デビューしてくれればいいのに・・・。

スポンサーリンク

原曲アーティストについて

プロフィール

アーティスト名 はっぴいえんど
出身地 東京都千代田区
ジャンル フォークロック・バンド
活動開始 1970年~
(『エイプリル・フール』の結成は1969年)
公式サイト
(細野晴臣さん)
細野晴臣公式サイト
ツイッター
(細野晴臣さん)
@hosonoharuomi_
インスタグラム
(細野晴臣さん)
@hosonoharuomi_info
YouTube
(細野晴臣さん)
細野晴臣

メンバー

名前 担当
細野晴臣さん ボーカル
ベース
ギター
キーボード
大瀧詠一さん ボーカル
ギター
松本隆さん ドラムス
パーカッション
鈴木茂さん ギター
ボーカル

はっぴいえんどはこんなバンド

日本のポップスの一時代を創ったともされる、バンドグループです。

  • 『フローラル』
  • 『エイプリル・フール』

という、前身バンドでの活動や解散を経て、1970年に『はっぴいえんど』としての活動を開始。

1stアルバム『はっぴいえんど』をリリースし、コンサートやツアー等を通しても活動されてきたグループです。

バンドはその後1973年には解散してしまいますが、

  • 『日本語はロックに乗らない』
  • 『ロックらしさは日本語では出せない』

という、当時の常識を覆し、メンバー全員が卓越した演奏技術を持ってることでもお馴染みなはっぴいえんどは多くの人に影響を与えました。

解散から時を経た今なお、大きな影響力を持って語り継がれる存在でもあります。

ウサギさん
ボーカルでベース&ギター&キーボード担当だった細野晴臣(ほその はるおみ)さんは、今なおソロとして活動中です。

ご自身の楽曲のリリースの他、他のアーティストの作品に参加されたり、楽曲提供や書籍の出版なども幅広く行われてるんですよ^^

カエルさん
宝島社『smart』CMソングになった『あしたてんきになあれ』なんかも有名な曲ですよね。

今回のCMソングの『風をあつめて』も、他のCMでカバーされる機会がたくさんある曲ですし♪

過去には三菱電機やアサヒビールのCMで使用されてたことでも有名だし、2016年の『オロナミンC』のCMで、サカナクションの山口一郎さんによってカバーされたときも、大きく話題になりましたね^^

よく読まれてる記事

まとめ

マウントレーニアのCMで使用されてる曲は、はっぴいえんどの『風をあつめて』

『ロスト・イン・トランスレーション』や『おと・な・り』と言った映画や、『オロナミンC』のCMなどでも広く使用されてるはっぴいえんどの名曲

はっぴいえんどは70年代前半に活躍し『日本語ロックの構築』という異形を成し遂げたフォークロックバンド

ウサギさん
過去の名曲が起用されたり、別のアーティストによってカバーされたりというのが目立つ昨今のCM。

ときには『安っぽさ』が出てしまうと賛否が分かれることもあるわけですが、今回のこのCMに関しては文句を言う人は極端に少ないことでしょう。

カエルさん
CMでもこうやって定期的に耳にできるのは嬉しいし、聴くたびに『名曲なんだな~』って実感するものがありますよね。

これで、窪田正孝さんのカバーバージョンの音源化が行われれば、完璧なのに・・・。

最後までお読み頂きありがとうございました。

感想や、CMに対してのご意見等ありましたら、コメント欄からお願いします☆

スポンサーリンク

CM好きのあなたにおすすめ♪