小林製薬のCMに批判的な声あり

『あっ、小林製薬』でお馴染みの、小林製薬のCM

常に色々な商品のCMが同時進行で放送されてて、ついつい見入ってしまう魅力がありますよね♪

無名で美人な女性タレントさんを起用してるCMが多く

  • 視聴者を惹きつける効果
  • 生活に密着した親近感のようなものを感じさせる効果

も抜群に感じる一方で、実は一連のCMに対しての批判的な声も挙がってたりします。

今回はそのあたりを詳しく見ていきましょう。

ウサギさん
本記事はあくまで、『ネットでの批判が多い』という客観的に事実に基づき、実際の世論とその根拠を紹介する記事です。
カエルさん
メーカーやタレントさんについての批判をする意図はないことを強調しておきます。
スポンサーリンク

CMを不快に感じる人が挙げてる理由

小林製薬のCMが嫌いな人が挙げてる主なポイントは

  • 生々しさ
  • 気持ち悪さ

です。

扱ってる商品が、体の異変やお肌のトラブル、においのトラブルに関するような商品がメインですからね。

『バイキン』『傷口』『におい』などを、かなり生々しく描写してるCMも少なくないので、そういったCMに対して

  • 不快
  • 嫌い
  • 気持ち悪い
  • 汚い
  • うざい、胡散臭い(演出が)
  • 薬だけで治るの?

という声や疑問が、少なからず見受けられました。

ウサギさん
ああいう傷とかバイキンの生々しい感じを敢えて見せることで、『恐怖感』を感じるのは確かですね。
カエルさん
『人は恐怖で動く』って言うので、そう考えるとCMの効果はありそうな気もしますが・・・。
パンダさん
でもボクは歯槽膿漏のやつが苦手です・・・><

CM自体はシンプルで、伝えたいことがよく伝わってくる内容のものが多いですが、たしかにお食事中とかには見たくないCMもあるかもしれませんね^^;

スポンサーリンク

シンプルでストレートなCM内容が好きという声も多数

映像面ではグロテスクとも取れる要素があり賛否が分かれてますが、CMのわかりやすさや一貫した雰囲気に対しては非常に評判が良いです。

悪くいうと、

  • お金をかけてない
  • 変化のための工夫をしてない

ということになりますが、それ以上に、

  • シンプルでわかりやすい
  • 余計な音とか入ってなくて良い
  • ブレないところが素敵

という感じで、CMが好きな方もかなり多くいらっしゃるようでした。

お金をかければ良いってものでもないし、『視聴者にとってわかりやすいこと』というのは、CMを作る上でめちゃくちゃ大事ですからね。

大手の携帯会社さんのCMを批判するつもりはないですが、

  • 登場人物や設定がどんどん増えてって
  • 何を伝えたいのかが不明確でって言われて

みたいなタイプのCMが苦手な方にとっては、こういうシンプルなCMのほうがストレートに伝わってきて好感を感じることでしょう。

小林製薬の『ストレートさ』は、商品のネーミングにも現れてます。

  • アイボン
  • ケシミン
  • 爪ピカッシュ
  • なめらかかと

等、商品名を聞いて効能が推測できるものが多く、ちょっとダジャレっぽくなってるのが特徴です。

その独特なネーミングセンスが好きという方は非常に多く、こちらの評判も非常に良いようでした。

ウサギさん
『シンプル・イズ・ベスト』ってやつですね♪
カエルさん
映像や演出面での批判はあっても『うるさい』と『意味不明』だけは絶対に言われないでしょうね、小林製薬のCM。

関連記事

よく読まれてる記事

まとめ

ウサギさん
以上、小林製薬のCMについてのご紹介でした。
カエルさん
最後までお読みいただきありがとうございました。
パンダさん
CMに関するご意見等ありましたら、コメント欄からお願いします☆
スポンサーリンク

CM好きのあなたにおすすめ♪