au 三太郎 CM

auのCM曲や歌手を紹介

auの『三太郎シリーズ』の最新CMソングに

イワン・ペトローヴィチ・ラリオーノフ作曲の『カリンカ』

が使用されてます。

該当CMは、結婚に憧れる金ちゃん(濱田岳さん)と、織ちゃん(川栄李奈さん)の結婚が、軽いノリで成立してしまうものになります。
当記事では、CMソング情報や歌手情報の詳細をチェックしていきます!
スポンサーリンク

CM情報&楽曲情報

『あたらしい愛の形』篇

企業名 KDDI株式会社
商品名 アップグレードプログラム
(iPhone11、iPhone11 Proが最大半額)
出演者 松田翔太さん
有村架純さん
桐谷健太さん
濱田岳さん
川栄李奈さん
楽曲名 『カリンカ(Калинка)』
(ロシアの愛唱歌)
作曲者名 イワン・ペトローヴィチ・ラリオーノフ
CM放送時期 2019年9月~

CMで使用されてる『カリンカ(Калинка)』は、1860年にロシアの作曲家イワン・ペトローヴィチ・ラリオーノフが作曲した愛唱歌です。

CMで使用されてる部分は、上記動画の38秒頃~です。

日本では、『テトリスの曲』としても有名なこちらの曲。

『テトリス』をプレイしたことのある方であれば、出だしの部分を聴いて、テトリスの曲を連想しそうですが、CMで使用されてるのはその後の穏やかなメロディのパートになります。

ちなみに、少し前(2019年8月)に放送されてたこちらのCMの後半では、曲の序盤の『テトリスの曲』として有名な部分が使用されてます。

こっちを聴くと、いかにも『ロシアの音楽』って感じがしますね^^

ウサギさん
曲名の『カリンカ』(Калинка)ってのは、ロシア語で『ガマズミ属』という樹木の意味になります。

ロシア民謡という認識もされてるそうですが、厳密には劇団の芝居で、舞台上で歌われたりする曲だそうですよ♪

カエルさん
この曲、最初の部分しか聴いたことがなかったので、こんな展開になってたなんて意外です・・・。

ただ、CMで使用されてる部分は、結婚式のイメージにもピッタリな感じの落ち着いた美しいメロディですね♪

スポンサーリンク

原曲の作曲者について

プロフィール

芸名 イワン・ペトローヴィチ・ラリオーノフ
(Иван Петрович Ларионов)
(Ivan Petrovich Larionov)
出生地 ロシアのペルミ
生年月日 1830年1月23日
職業 作曲家
作家
民謡研究家

『カリンカ』を作曲したイワン・ペトローヴィチ・ラリオーノフは、19世紀のロシアの作曲家です。

ペルミの貴族の家庭に生まれ、モスクワで音楽を学び、作曲以外にも作家や民謡研究家として功績を残した方になります。

ウサギさん
1999年にはロシアのサラトフ市にラリオーノフの銘板が飾られもしたんですよ♪
カエルさん
『カリンカ』の他に有名な曲などはないようですが、この曲の知名度が圧倒的ですからね。

『ロシアの偉人』の1人と言っても過言ではない方な気がします。

よく読まれてる記事

まとめ

auのCMで使用されてる曲は、ラリオーノフの『カリンカ』

『カリンカ』は、日本では『テトリスの曲』などとして有名で、CM中ではテトリスの部分とは違う部分が使用されてる

ラリオーノフは、ロシアの19世紀の作曲家

ウサギさん
最近のCMで話題だった『ヤバい鬼』の正体が『かぐちゃん』(有村架純)だったっていうオチも、一段落ですね。

このオチ、親指姫役の池田エライザさんが登場したときの『壮大な仕込み』に比べて、弱い気もしたけど、こういう微笑ましい展開で良かったと思います♪

カエルさん
それにしても、織ちゃん(川栄李奈さん)の軽いノリは相変わらずですw

今度はこっちの2人の結婚も気になるかも・・・。

関連記事

最後までお読み頂きありがとうございました。

感想や、CMに対してのご意見等ありましたら、コメント欄からお願いします☆

スポンサーリンク

CM好きのあなたにおすすめ♪